Tags:

During initial execution of the code for accessing a property of a given object, V8 determines the object’s current hidden class. V8 optimizes property access by predicting that this class will also be used for all future objects accessed in the same section of code and uses the information in the class to patch the inline cache code to use the hidden class. If V8 has predicted correctly the property’s value is assigned (or fetched) in a single operation. If the prediction is incorrect, V8 patches the code to remove the optimisation. (via Design Elements - Chrome V8 — Google Developers)

During initial execution of the code for accessing a property of a given object, V8 determines the object’s current hidden class. V8 optimizes property access by predicting that this class will also be used for all future objects accessed in the same section of code and uses the information in the class to patch the inline cache code to use the hidden class. If V8 has predicted correctly the property’s value is assigned (or fetched) in a single operation. If the prediction is incorrect, V8 patches the code to remove the optimisation. (via Design Elements - Chrome V8 — Google Developers)

Tags:

Tags:

thesummerofmark:

I love the Haskell logo.

Tags:

It’s surprising that the compiler can compile empty source file and link it. Here’s my try on Mountain Lion:

$ touch empty.c
$ gcc -c empty.c
$ ld empty.o -U _start -U main
ld: warning: -macosx_version_min not specified, assuming 10.7
$ ./a.out
Illegal instruction: 4

I’ve got the finest signal ever!

Tags: gcc programming c

fuckyeahterminals:

Fortify Your Gonads with Monads

I had watched this video a few years ago. But seeing again, it still gives me some inspiration.

The problem with leaving hacks and nasty code is obvious; it’s hacky and nasty. However, other problems with leaving this code can arise… I think the most important and severe is the fact that, as soon as another developer sees that someone used !important, they feel less bad about doing the same; the next developer who comes along and sees that someone bodged something doesn’t feel too guilty about hacking something else. The first bits of bad code set a precedent and make subsequent developers feel less bad about using poor code themselves. It was like that when I got here! Give developers a clean slate and they’ll really think twice about messing it all up.

href="http://vimeo.com">Vimeo.

「り」は「離婚」の「り」: セサミストリートが子供たちと見てきたもの

この記事はTime.comと提携して製作しました。

1992年前半の国勢調査は、40%の子供たちが、離婚を経験した親のもとで育てられるという予測をたてた。セサミストリートは、世界で最も有名な子供向けのテレビ番組として、他の子供向け番組が全く触れない、ある題材を取り上げることに決めた。制作チームは、スナッフィー、またの名をミスター・スナッフルパルガスを、離婚家庭の子どもとしてキャスティングした。

セサミでも最高のライター、リサーチャー、プロデューサーのチームによって、番組の脚本の製作、撮影がおこなわれた。最前線のリサーチャーの意見を元に、何度もやり直しを重ねた。そして、いつものある晴れた午後のセサミストリートで、象のマペットのスナッフィーは、赤いフサフサ毛を揺らしながら、目をキラキラさせた幼稚園児たちの前に、爆弾を投下する準備を整えていた。

「お父さんがうちの洞穴から出ていっちゃったんだ」彼はある午後、レンガの家のドアをノックして、ビッグバードに混乱しながら打ち明ける。「どこに行ったのかも分からないし」泣きながら続ける。「別の洞穴に行っちゃったのかも知れない」

ビッグバードは当然ショックを受けて「どうして?」と聞く。

スナッフィーはまばたきして、長くて暗い色をしたまつげを揺らして、止まる。このセリフを言う準備が整ったのだ。そして、彼は説明する「離婚っていうやつのせいらしいんだ」

その後はお決まりの展開だ: ゴードンが離婚というものが何のためにあるかを説明する。視聴者は、離婚は「いい結果」をもたらすことがあると学ぶ。スナッフィーと彼の妹のアリスが、これからも愛され続けることを保証する。そして、放送する何週間か前に、セサミはこの回を幼稚園児たちにテストしてみた。結果は大惨事と言って差し支えないものだった。スナッフィーがこれからどこで暮らすのか、子供たちには伝わらなかった。彼がまだ、両親から愛されていることも、子供たちに伝わらなかった。自分の両親が離婚してしまうことを恐れる子供もいた。泣き声が響いた。

「自分たちが創りだしたものがこんな結果に終わったのは、本当に初めてのことでした。たくさんお金をかけて、テストをして、そして上手くいかなかった」セサミで長年リサーチャーを務める、スーザン・シャイナーは、この回を担当していた。「手応えはありました。革命的だとさえ思っていましたが、悪い結果に終わりました」

セサミストリートはこの回を封印し、それから20年の間、プロデューサーたちは「離婚」という言葉すら放送に出さないようにした — そして、今。

二年間、セサミ・ワークショップのアウトリーチ活動部門では、リサーチャー、ライター、プロデューサーが集まって、改めてこの問題についての番組を製作していた。スナッフィーの役目は、キラキラしたピンク色の妖精のアビー・カタビーが担うことになった(彼女の両親が離婚していたことを、視聴者は知ることになる)。この火曜日、セサミ・ワークショップは、13分間の番組をオンラインで公開する — 「小さなこどもの大きなチャレンジ: 離婚」という、絵本(ふたつのハグの日)、保護者用のガイド、アプリケーションを含む、一連のマルチメディア作品の一部として。兵士を親に持つ家庭を支援する団体から、その活動の一環として出資を受けた。番組自体はテレビでは放送されない — これはセサミが「特定の人々にむけて」作ったプログラムだからである — しかし、番組は離婚を正面から扱い、そしてプロデューサー曰く、見やすくて、分かりやすくて、そして、決して怖い内容ではない。

「子供たちに伝えたいのは、あなたは一人ぼっちじゃないし、これはあなたがいけなかったからじゃない、ということです」セサミのアウトリーチ部門の副部長であり、プロジェクトを監督したリン・チュワスキーはこう言う。「子供たちはアビーが好きだし、かわいいと思っています。だから、彼女が自分と同じような、きつい状況にいるんだと知ったときに、『あっ』って気づいて、自分の複雑な気持ちを受け入れられるようになります」

番組は「ビッグ・フィーリング」をテーマにして、楽天的な妖精のたまごのアビーを中心に進む。視聴者はこの時まで、アビーの両親についてほぼ何も知らない。彼女は友だちと一緒に、自分の家の絵を描くことになるが、エルモとロジータは、アビーが家を、一つではなく、二つ持っていることに驚く。「こっちの家にはお母さんと一緒に住んでいて」アビーはクレヨンで書いた絵を見せながら、何でもないように明かす。「それでこっちの家にはお父さんと住んでいるのよ」

理由は? もちろん、決まっている。「離婚というのは、アビーのお母さんとお父さんが、結婚するのをやめることなんだ」ゴードンは説明する。

内容は素晴らしく、そしてこのような番組はもっと早くにあるべきだった。なぜなら、統計は悲惨な状況を示している — 毎年、百万人以上の子供たちが、親の離婚を経験している。その多くは未就学児である — 研究者によれば、未就学児向けのリソースは未だに恐ろしいほど不足している。もちろん、離婚家庭の子供がそれ以外の子供よりも必ず劣るとは言えないが、そうなりがちではある — もし、彼らが周りの大人達から適切な助けを受けられなければ。だから、親も、子どもも知識を持つことが重要だ。

「最も大きな問題は、親たちが自分のことで手一杯になってしまうことだと思います」イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校で人間開発学と家系研究を専門にし、プロジェクトに四人いる外部コンサルタントのうちのひとりでもある、ロバート・ヒューズ教授は言う。「つまり、親自身の感情にうまく対処すると同時に、子供の気持ちをどう落ち着ければいいか理解することです。そこで、セサミストリートの出番です — ツールとしての」

ほとんどの視聴者が知らないことだが、セサミストリートはその製作過程の一部に、実証研究を組み込んだ最初の番組だった。現在、44回目のシーズンにおいて、何ヶ月、何年もかかる番組制作に、研究の積み重ねが反映されている — 何十人ものエキスパート、リサーチャー、心理学者、さらに最上級の人材を集めたアドバイザー・チームが批評家として備えている。ビッグバードの政治利用や、エルモのセックススキャンダルを除けば、この体制によって番組は様々な題材、セサミに30年携わっているルイス・バーンスタインの「あまりにも目立つものって、逆に触れようとも思わないでしょう」という言葉が示すような題材に立ち向かってきた:民族問題、堕胎、愛、妊娠、転生 — そして死。1980年代前半、ミスター・フーパー役を長年つとめてきたキャスト(ウィル・リー)が突如として亡くなったとき、セサミストリートはそれを受け止めた — ミスター・フーパーが、もうこの番組に(そして彼の店に)は現れないことを、番組で説明した。「もし言わなかったとして」エグセクティブ・プロデューサーは当時、こう答えた。「子供は気づくじゃないですか」

先月のハリケーン・サンディの直撃には、ビッグバードの家が嵐により壊されたエピソードを再放送した。「これから起こることに、子どもを守ってやらないと、と親はまず思うはずです」ライターの一人であるクリッシー・フェラーロは言う。「私の感じたことは、なら、子供も知識を持っておいたほうがいいよねということでした」

そして離婚では。マペットごときがそんな、私の心の地雷原を踏み歩くなんてと眉をひそめる親も確かにいるだろう。セサミストリートによる影響についての論文を手に取るまでもなく、番組は常に批判にさらされてきた。クッキーモンスターがパイプを吸っていることから(もちろん初期のみ)、ひねくれ者のオスカーの躁鬱っぷり(確かに)、そしてアビーについては — 彼女は2006年に登場し、過去十年の中で最初の女性マペット — 「ピンク」すぎる、と。

しかし近年、離婚はただの身近な現実だ — 「アメリカ人の人生のひとつの事実」だと、プロジェクトに関わったある父親が言った ― また、そこに目を向けないことは、明らかな怠慢だ。そして、スナッフィーの失敗から20年経ち、セサミのアウトリーチ部門は、この題材に対して、次の一手を勇敢に繰り出した。確かに、簡単ではなかった。リサーチャーはその役割に一番合う個性を持ったマペットを探し、そしてメッセージを一番うまく伝えられる言葉を探した。ゴールはシンプルだった ― 子供たちに、離婚はあなたのせいじゃないと、お母さんもお父さんも、あなたをまだ愛しているとわかってもらうこと ― しかし、辿りつくのは容易ではなかった。「テレビだって普通に先生ができる ― 正しい方法を使えばね」イェール大学に、ファミリー・テレビジョン・リサーチ・センターを、夫と一緒に作ったドロシー・シンガーは言う。もちろん、条件はたくさんある:「ペースが重要ですね、繰り返して言うことも重要ですし、アイデアをクリアに説明することも重要です」

始めに、当然だがこのキャラクターに付いて考えなければいけない。スナッフィーの外面が、彼自身をより憂鬱そうに見せていなかったか? 大きな目と、低い声、長くて悲しげなまつげ。これがピンク色の、元気な妖精だったら、この深刻な題材によりマッチしていたのではないか?

そして、どの段階を見せるかも重大な問題だった:スナッフィーは、まさにその時離婚を経験していた。動揺して、怒り、涙を流していた。彼の感情は生々しかった。しかし、アビーがそれを過去の自分の話として明かしたとしたら ― 子供たちに、彼女がそれを通り越した後だということを見せることが、大きな違いになるとリサーチャーは言う。

しかし、もっとも重要な問題は視聴者を選んだことかも知れない:離婚を経験した子供と、コンテンツをダウンロードすることに了承した親のみに向けて番組は作られた。言い換えれば、離婚をテーマにした番組を、いきなりお茶の間に放映することを避けたのだ。セサミストリートはこの過ちを一度犯していた。しかし、1992年には、番組を特定のターゲットか、それを欲しがる人たちのみに届けるような、テレビ放送とは逆の方法がなかった。

コンテンツは今週のうちに公開される。三月に行われたテストでも、子供たちに内容は伝わったようだった。ニューヨークのミッドタウンにある、セサミストリートの本部の会議室に集まり、子供たちはグループに分かれた。事前に番組のDVDを見ている親も一緒だ。集まったどの親も、離婚しているか、別居している。

今度は、誰も泣かなかった。子供たちは、アビーがどこで暮らしているかをちゃんと理解した。微笑みすら浮かべた。ゴードンとアビーのデュエットの締めくくり ― 何度も何度も繰り返す「違う場所にいるけど二人とも私が好き」 ― 子供たちも一緒に口ずさんだ。

「アビーは何も悪く無いわ」参加した7歳の子どもが答えた。

「アビーがゴードンに、自分のぐちゃぐちゃの気持ちを話すところで、幸せな感じがした」別の子どもが答えた。

これは断じて魔法ではない ― しかし、あのピンク色の妖精が、おまじないをかけて去っていったような気がした。

「簡単な問題ではありません、でもあのかわいらしいマペットたちなら」チュワスキーは言う。「大人たちにできないことを、やってくれるかもしれません」

ジェシカ・ベネット タンブラーのエグゼクティブ・エディター。元ニューズウィーク。


This is Japanese translation of ‘D’ Is for Divorce: Sesame Street Tackles Another Touchy Topic, which is also published on Time.com.

Thank you the editorial department for running the Storyboard. I’m looking forward to reading more great articles by you on Mashable.

Dates and positions of people are not updated on this translation.

日本の読者の方へ

この記事は、Tumblrの出版部が製作した、”‘D’ Is for Divorce: Sesame Street Tackles Another Touchy Topic"という記事の日本語訳です。この記事はTime.comにも掲載されました。

訳文の日付や役職は、原文ママです。

Tags: Storyboard

(via How to «open» microchip and what’s inside? : ZeptoBARS)

Tags: microchip

(via VHS Box Graphics » ISO50 Blog – The Blog of Scott Hansen (Tycho / ISO50))

Tags: